2006年09月29日

おそろ♪

060813_1344~01.jpg

楽器隊つながりで(笑)

クラブを(仮)引退した娘が
パーカッションのメンバーとバンドを組んだそうで
(血は争えませんね、うはは)
で、太鼓は叩き飽きた?って事でベース担当に
んで、バンド名は・・その名も、なんと!
「パーカッションバンド」
・・・・・って、なんじゃそりゃぁ〜(爆)
他に何かなかったんかい?
もうちっと、1回転半くらい捻れよ〜あせあせ(飛び散る汗)

っと まぁ、そんなこんなで。
ベースは旦那のお古なんですが
ストラップは、おにゅうぴかぴか(新しい)にしまして
↑を止めるピンも、シルバーのスカルです(母が嬉しいらしい・笑)

はい。
このストラップ見て
通な拓哉ファンはピ〜ン!と来たんじゃないでしょうか?
そうなんです!
拓ちゃんのギターのストラップにも
こーゆーのありましたよね。

おそろるんるんおそろるんるん

んまぁ 娘よ。
やっぱ、まだ拓哉を卒業したわけじゃなかったのねん♪
っと、喜んでおりましたならば・・・
なんだよっ!
関ジャニ∞の丸山くん(ベース担当なの)と

・・・おそろ♪かよ!・・・・・チッ(爆)

でもいいの。
母は拓哉と揺れるハート おそろ♪だと思って見てるから うふ

追加
せっかくなんでテンプレ替えてみました(笑)


posted by 紫苑 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

ライブの楽しさ

昨日の東京ドームも、無事に楽しく終わったようで良かった
風の噂によると(笑)
拓ちゃん、ご機嫌さんで エロくて 素晴らしかったとか揺れるハート
山田監督も居らしてたとか?
う〜ん、拓哉ソロも聴いて頂けたのかな?
拓ちゃんのソロは
歌声だけで、情景や風景が浮かんで来るからね
そこに居ないはずの相手が見えるかのように
唄い、語りかけるから・・・
監督には是非とも
拓哉の、そういう表現力にも魅了されてほしい
・・・なんて
すっげ〜 親バカならぬ、ファンばか(笑)

さて。

ライブの楽しさって色々あって
私の場合は
スマライブだと、拓ちゃん8割 スマ1割 楽器隊1割
浜省ライブとか聖子ちゃん(ん?聖子ちゃんは生演奏だったっけ?)
とか、他アーティストのライブでも
間違いなく3〜4割は楽器隊で楽しんでるんだよね
だから、スマライブは大変
楽器の演奏も見たい、でも拓哉が私の目を抱き締めるし(爆)

「モアイ」の時のパーカッション、よかったなぁ〜
コンガにジャンベにカバサに、あと・・(メインステは見ずらい・笑)
あの音が鳴り響いたとたん・・
青い空に 広い海 浮かぶ小さな島が見えて来るもんね
で、拓哉と慎吾が海を見下ろす丘で唄い出す
波が煌めく海 そよぐ気持ちのいい風 そんな中で唄う2人
あの、乾いた皮の高い音ひとつでスイッチオンしちゃうのよ(爆)

ドラムのスネアの音も、すっごいタイプ〜るんるん
サックスもね、ああやって吹けたら気持ちいいだろうね〜
あと、今年あって嬉しかったのは
「真夜中のメリーゴーランド」
あのギターソロが大好きです揺れるハート
もうさ、あの時代の王道コテコテなんだけどね(笑)
とにかく好き。

浜省だと
基本的にはパーカスだと思うんだけど
フルート吹いちゃう、サックス(アルト&テナー&バリトン)吹いちゃう
ギター弾いちゃう ピアノ奏でちゃう マレット扱っちゃう
っと、オールマイティーな人が居るんだけどね
申し訳ないんだけど、省吾さん放っぽらかして見入っちゃう
その人、私の中では「スパッツの人」って呼んでます(笑)

ギターのライトハンドにしても
ベースのチョッパーにしても
そういう時って、つい唄ってる人より奏者に目が行っちゃってね
拓ちゃんの時は特に、目がジタバタして辛いの
「弱い僕だから」の時のベース カッコよかったなぁ〜
でもアレは、拓哉も狂いそうなほどカッコよかったから
全速力で辛かった(爆)

posted by 紫苑 at 16:29| Comment(1) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。