2007年06月19日

なすのよいち

おい こらっ!ちゃんと漢字で書けよ>自分

・・あ やっぱし?(笑)

そう!那須与一も真っ青の集中力だったわね
木村将軍こと 我らが木村拓哉さま揺れるハート
そりゃまぁ
揺れる舟でも 疾走する白馬でもなかったけどさ(笑)

でも あの集中力はハンパじゃないね!
矢を射る時の目と口元は武将そのもの
普段は 柔軟な精神の現代っ子だけど
刀 弓矢 なんかを持たすと
魂の根底にある武士(もののふ)が現れますな

そんでもって

矢を放った後の 右腕 右手・・の指先まで美しいぴかぴか(新しい)
的を射抜いた後 指先まで集中力が張り詰めていて
腕を振り切っても「気」を抜かない
なんと 惚れ惚れさせてくれる男よ・・・

矢を ばらしちゃった時も凄かった
あんなにも 体勢を整えるのが遅れたのに
放たれた矢は「ち」の下に当たってるし
あきらめない!だけじゃない
何か得体の知れないものが凄いんだよ(爆)

白馬の木馬!に
何か話しかけてる姿が アホほど らぶりぃるんるん
そして〜
思わずキスしたくなる「うなじ」も びゅうてほぉ〜揺れるハート

堤真一兄やんと 何か演ってくんないかな
乱世に生きた 兄弟武将とかさ
父君の命で 姫君として生きてきた弟が
兄の加勢のために剣を抜き馬を駆り弓矢を放ち
戦乱を鉄壁の兄弟愛で乗り越える2人・・とか・・とかとか

それか・・あ・・・私も妄想の世界に行くべ(真似っこ・爆)

え〜〜〜っ??
あの・・・男前ってなんですか?
某主さま・・のこと?
・・妄想の世界に入り浸ってるからなぁ〜
知らなくても 自業自得か・・判ったよ!ぷんっ(笑)
posted by 紫苑 at 16:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 情熱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何か得体の知れない…
あの凛々しい武将の中のお人は
「スターという生き物」なんよ

えーと、貴女はあちらの世界に行くと中々戻ってこないから、ネエ様と違ってさぁ

とっとと戻って来んかい!
見事に射抜く木村武将じゃなく
どこに飛ぶか判らん奴に狙わせるぞ

父の命
そのお父上はどなた様で?
Posted by 座敷ブタ at 2007年06月19日 18:11
あ〜 そうね そうだったわ♪
スターという(へんな)生き物ね(爆)

ネエ様って誰よ?
最近 皆様よく妄想の世界に行かれるから
わかりまセブンだわ(古)
今日の私は真似っこ♪
誰・・とは言えないけど・・・
某ふじっこ様もイッてらっさるわよ(爆)

お父上さま・・むふっ♪欣也さま〜♪
ご誕生あそばされたとき
あまりにも可愛らしかったのでね
姫君として育てられ溢れるほどの寵愛を受けるの
でも 本人は密かに武術・馬術の鍛錬を積んで
実は「腕に覚えあり!」って感じ?
あり?なんか おフランス方面の話と被る?(爆)
Posted by 紫苑 at 2007年06月19日 18:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。